ロナルド・ヤネシッツ(ホルン)経歴や学歴、年齢とWIKIプロフィール、家族(両親)についてご紹介

題名のない音楽会
スポンサーリンク

ロナルド・ヤネシッツさんは、ホルン奏者。

“ウィーン・リング・アンサンブル”のメンバーです。

『題名のない音楽会』に“ウィーン・リング・アンサンブル”が出演ということで、今回はホルン担当のロナルド・ヤネシッツさんをご紹介です。

スポンサーリンク

ロナルド・ヤネシッツの年齢やWIKIプロフィール

ロナルド・ヤネシッツさんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介です。

・名前 ロナルド・ヤネシッツ

・生年月日 1968年

・出身地 オーストリア・ニーダーステライヒ州ノインキルヒェン

ロナルド・ヤネシッツさんの年齢は52歳(2020年現在)

あとでご紹介していきますが、現在、ホルン奏者として素晴らしい演奏を奏でるロナルド・ヤネシッツさんですが、元からホルン奏者ではなかったようです。

ホルン奏者に転向したのも10代に入ってから。

にも関わらず、音楽の名門大学に進み、更に世界的に有名な楽団の首席奏者やメンバーとして、そして指導者としても活躍されています。

ロナルド・ヤネシッツの経歴や学歴

ロナルド・ヤネシッツさんの経歴や学歴を見てみましょう。

ロナルド・ヤネシッツの学歴

では、ロナルド・ヤネシッツさんの学歴のご紹介いたしましょう。

・ウィーン7区の『音楽ギムナージウム』で学ぶ

・『音楽ギムナージウム』で学びながら6歳の頃『ウィーン音楽アカデミー』(現:音楽大学)でヴァイオリンを学ぶ

・『ウィーン音楽大学』(旧:『ウィーン音楽アカデミー』)へ進学

・大学入学後の1983年、15歳よりホルンへ転向

ロナルド・ヤネシッツさんは現在、ホルンの奏者ですが、元はヴァイオリン奏者だったんですね。

15歳から新しく楽器を始めるということはできるでしょうけれど、この年齢からホルンに転向して、世界的に有名な楽団のメンバーになるとは、とても素晴らしいですね。

ロナルド・ヤネシッツの経歴

続いてロナルド・ヤネシッツさんの主な経歴を見てみましょう。

・1990年 『ウィーン国立歌劇管弦楽団』に首席ソロのホルン奏者として入団

・1992年 『ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団』に入団

ロナルド・ヤネシッツさんは弱冠24歳で『ウィーン・フィル管弦楽団』に入団となりますが、これは稀なことということです。

このことからロナルド・ヤネシッツさんの演奏がどれほど素晴らしいものなのかわかりますね。

ロナルド・ヤネシッツさんは『ウィーン・ホーフムジーク・カペレ』(ホーフブルク宮殿教会・楽士)、『ウィーン八重奏団』としても活動されています。

ロナルド・ヤネシッツの家族(両親/彼女/子供)について

スポンサードリンク

ロナルド・ヤネシッツさんの家族についてご紹介です。

音楽家となると、両親や家族、親戚に音楽家がいるのか気になりますね。

調べてみると、ロナルド・ヤネシッツさんの父親が音楽家でした。

父親もホルン奏者。

『ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団』で活躍。

のちにホルンの指導を父親から受けています。

母親に関しての情報はなく、音楽に携わったことがあるのか不明でした。

また、ロナルド・ヤネシッツさんの妻や子供について調べて見ましたが、こちらも情報はありませんでした。

ロナルド・ヤネシッツさんは優しい印象がありますから、結婚されて子供がいるとしたら、優しい旦那さんであり、父親でしょうね。

コメント