挟間美帆の学歴や経歴が凄い!年齢やWIKIプロフィール、ジャズ室内楽団“m_unit”について

Jazz
スポンサーリンク

挟間美帆さんジャズ作曲家であり、編曲家、指揮者もこなします。

ジャズ作曲家ということですが、大学生時はクラシック作曲専攻だったこともあり、ジャンルは管弦楽や吹奏楽編成などの楽曲も手掛けています。

また、2020年にアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』がグラミー賞の最優秀“ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム”部門にノミネートされました。

今回、挟間美帆さんが『題名のない音楽会』に出演ということで、年齢やWIKIプロフィールなどご紹介いたします。

スポンサーリンク

挟間美帆の年齢やWIKIプロフィール

挟間美帆さんの年齢やWIKIプロフィールのご紹介です。

出典:https://ontomo-mag.com

・名前 挟間美帆

・生年月日 1986年11月13日

・出身地 東京都

・ジャンル ラージ、ジャズ、アンサンブル

・職業 作曲家、編曲家、指揮者

挟間美帆さんの年齢は34歳(2020年現在)

幼い頃は、父親が転勤族だったため、北海道、青森、東京と各地を転々としていました。

挟間美帆の経歴や学歴

スポンサードリンク

では、挟間美帆さんの経歴や学歴を見てみましょう。

挟間美帆の学歴

挟間美帆さんの学歴のご紹介です。

・1999年 『国立音楽大学附属中学校』 音楽コース(ピアノ)

・2002年 『国立音楽大学附属高等学校』 音楽科(作曲)

・2005年 『国立音楽大学音楽学部 』演奏・創作学科 (作曲専修)

・『国立音楽大学』在学中 『ニュー・タイド・ジャズ・オーケストラ』に参加

・2010年 『マンハッタン音楽院大学院』(ジャズ作曲専攻)へ留学

「国立音楽大学』学士、「マンハッタン音楽院』修士。

ジャズに興味を持ち始めたのは、『国立音楽大学』在学中に“ニュー・タイド・ジャズ・オーケストラ”に参加したことだといいます。

挾間美帆の経歴

続いて、挟間美帆さんの主な経歴をみてみましょう。
・小学4年生 『ジュニアエレクトーンコンクール ’96 全日本大会』出場

・大学3年在学時 山下洋輔さんの『ピアノ協奏曲第3番《エクスプローラー》』のオーケストレーターに抜擢

・2013年1月 『東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート2013 山下洋輔プロデュース 挾間美帆のジャズ作曲家宣言!』でデビュー

・2016年 アメリカの『ダウン・ビート』誌で「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人として唯一選出

・2017年5月 “シエナ・ウインド・オーケストラ”のコンポーザー・イン・レジデンスに就任

・同年9月 『第16回 東京ジャズ 2017』に出演。デンマークの名門ビッグ・バンド“デンマーク・ラジオ・ビッグ・バンド” と共演。“ジャズ生誕100周年記念ステージ”のプロデューサーを務める。

・2019年10月 “デンマーク・ラジオ ビッグバンド”の首席指揮者に就任

・2020年 アルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』がグラミー賞の“最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム部門”にノミネート

挟間美帆さんは3歳の頃に『ヤマハ音楽教室』でエレクトーンを始めています。

2012年に『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)、2014年には『第24回 出光音楽賞』を受賞されています。

挟間美帆の作品

スポンサードリンク

挟間美帆さんの主な作品のご紹介です。

・挾間美帆 m_unit『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』 – Journey To Journey(2012年7月録音)(Verve) 2012年。のち (Sunnyside) 2013年。

・挾間美帆 m_unit『タイム・リヴァー』 – Time River(2015年4月録音)(Sunnyside, Verve) 2015年

・挾間美帆&メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド『ザ・モンク:ライヴ・アット・ビムハウス』 – The Monk: Live At Bimhuis(2017年10月録音)(Sunnyside, Verve) 2018年(アムステルダム「ビムハウス (Bimhuis」におけるライヴ)<挾間美帆 m_unit『ダンサー・イン・ノーホエア』 – Dancer in Nowhere(2018年8月録音)(Verve) 2018年。のち (Sunnyside) 2019年。

引用:Wikipedia

この他にも著名なアーティストと作品を発表され、楽曲を提供されています。

挟間美帆が音楽を始め現在に至ったきっかけ

スポンサードリンク

挟間美帆さんは、音楽が好きな家族の元育ちます。

小学生の時にはオーケストラの曲をエレクトーンで弾くことも。

そんな時、演奏側ではなく、作曲側に興味を持つ出来事が。

それは、NHK大河ドラマ『秀吉』だったと言います。

「日本史が好きで大河ドラマに思いきりはまった時期があり、週に1回はあこがれの作曲家のオーケストラ音楽に触れていたんです。シーン1つ1つのためにオーケストラが演奏してくれるなんて、何とぜいたくなことなんだろうと、すごく夢のあることに思えたんですね。いつかは大河ドラマのメインテーマを作曲することができたらいいなと」

引用:https://www3.nhk.or.jp

小学生の時点で、エレクトーンでオーケストラの曲を弾いてしまうということからも、オーケストラの演奏が好きだったのでしょう。

作曲を学ぶために『国立音楽大学』クラシック作曲専攻へ。

この時にジャズと出会います。

新入生の歓迎演奏会でサークルのビッグバンドの演奏がかっこ良く、惹き込まれます。

そして入部。

初めの頃は、見よう見まねで演奏していました、そのうち自身で曲を作って見たいと思うようになり、現在の道に進むこととなります。

挟間美帆のジャズ室内楽団“m_unit”について

スポンサードリンク

挟間美帆さんは自身のジャズ室内楽団、“m_unit”の主宰。

一体、楽団なのでしょう。

この楽団は、管楽器セクションにストリング・カルテット、リズム・セクションを加えた楽団。

構成人数は13人で挟間美帆さんはピアノを担当します。

この楽団では、挟間美帆さんが好きなように曲を作り、音楽に仕上げていっています。

もちろんそのため、メンバーは挟間美帆さんが選びます。

その中で一番重要な基準は

“空気が読めるか”

このことについて

「空気が読めて、いい人で、私の好む音色で、その上で演奏が上手な人を選びます。

それから、“賢い”ことが重要で、私の定義で賢いというのは“空気が読めるということ”にかなり近い。」

ということだそうで、ただ単に素晴らしい演奏をできるだけのアーティストはいらないのだとか。

ジャズは即興が多いですし、その場の雰囲気で演奏も変わりますから、確かに空気が読めない人は、挟間美帆さんの楽団でなくてもメンバーとして加わることは難しいことでしょうね。

コメント