和楽器バンドがミュージックフェア出演!動画やメンバーのプロフィール(年齢/出身地)をご紹介

ミュージックフェア

みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

kanade♪です。

 

今回ご紹介するのは“和楽器バンド”。

このバンドは和装をメインに煌びやかな衣装

と、和楽器を融合し、とても優美で幻想的な

楽曲を世に送り出しています。

 

この“和楽器バンド”は最近、朝の情報番組

にも登場して生演奏をされていた時、観てい

ました。

 

PVは以前に観たりして、“和楽器バンド”

については存じておりましが、みなさんの中

でまだご存知の無い方もおられると思います。

 

そこで今回はこの謎に満ちた“和楽器バンド”

についてご紹介致します。

和楽器バンドのプロフィール

和楽器バンド2

出典:http://cdn2.natalie.mu

“和楽器バンド”は8人組のロックバンドです。

活動期間は2013年から。

メンバー8人がそれぞれの楽器を担当。

 

構成は詩吟の師範でもあるボーカルと和楽器

の尺八、筝、三味線、和太鼓。

洋楽器にギター、ベース、ドラム。

 

また、このバンドのボーカルは、通常と言い

ますか、普通のボーカルの方ではなく、“詩吟”

の師範という事で、歌声も“詩吟”独特 の歌い

回しで、“和楽器バンド”の魅力を引き出してい

ます。

 

メンバーのビジュアルがカッコ良く、衣装も

とても奇麗という事でそれだけもとても目を

惹くバンドですが、一人一人の楽器演奏の技

術が素晴らしいバンドです。

和楽器バンドのメンバーとは?

では、この魅力的な“和楽器バンド”のメン

バーを紹介したいと思います。

●鈴華ゆう子(ボーカル)

和楽器2

出典:http://shinkenshowv.xsrv.jp

6月7日生まれ(西暦は不明)で、茨城県

水戸市出身。

 

3歳からピアノを5歳から詩吟と詩舞を始め

ます。

“東京音楽大学”ピアノ科卒業。

詩吟は師範の腕前。

 

シンガーソングライターやピアノ演奏者とし

ても活躍しておられます。

 

●いぶくろ聖志(筝)

和楽器7

出典:http://shinkenshowv.xsrv.jp

1983年12月1日生まれで、東京都出身。

高校生時代には文化庁の派遣で中国へ演奏活

動に赴きます。

 

その他、8カ国での海外演奏に参加もされま

す。

邦楽器、洋楽器問わずコラボされています。

 

●神永大輔(尺八)

和楽器6

出典:http://static.pinky-media.jp/

1985年8月17日生まれで、福島県いわ

き市出身。

 

18歳から尺八を始め、現在は“都山流尺八”

の師範で、

“耀山”の号をお持ちです。

 

●蜷川べに(津軽三味線)

スクリーンショット 2017-03-07 9.11.06

出典:http://tsunekichi.blog.so-net.ne.jp

9月14日生まれ(西暦は不明)で、京都府出身。

4歳から民謡、7、8歳から津軽三味線を始めます。

モデルや女優活動をしていた事もあるそうです。

 

●黒流(くろな/和太鼓)

和楽器9

出典:http://shinkenshowv.xsrv.jp

生年月日は不明。

3歳より和太鼓を始め、9歳で東京の和太鼓

のプロ集団に入門します。

 

“和楽器バンド”と並行して洋楽器のみの編成

ヴィジュアル系ロックバンド

『Crow×Class〜黒鴉組〜』でもボーカル兼

和太鼓奏者として活躍されています。

 

●町屋(ギター)

スクリーンショット 2017-03-07 9.44.20

出典:http://wagakki-kachofugetsu.com

1982年9月13日生まれで北海道出身。

 

ギタリストとして配信した、ニコニコ動画の

“演奏してみた”では「ナイト・オブ・ナイツ

えを弾いてみた」で2014年1月末までで

130万回の再生を超えるという驚異の記録

をお持ちです。

 

●亜沙(ベース)

和楽器5

バンド ライブ 倍率,チケット | 和楽器バンド 福山雅治ドリカムなど人気のバンド ライブ インベントの倍率の高いチケットの座席の追加チケット入手方法やセットリスト情報も
和楽器バンド 福山雅治ドリカムなど人気のバンド ライブ インベントの倍率の高いチケットの座席の追加チケット入手方法やセットリスト情報も

12月18日生まれ(西暦は不明)で、東京

都出身。

 

ヴィジュアルは女性に見えますが、男性。

演奏時に女性的なメイクと髪型、服装で

演奏。

“ボカロp”としても活躍されておられます。

 

●山葵(ドラム)

和楽器8

出典:http://lanakila-web.com/

1988年11月5日生まれで、中国生まれの

岡山県育ち。

 

15歳からドラムを始められました。

ニコニコ動画の“演奏してみた”で圧倒的な

人気を誇ります。

 

メンバーのプロフィールを簡単にご紹介致

しましたが、いかがでしたか?

 

それぞれがすばらし演奏の技術と経歴をお持

ちの方々でしたね。

 

8人ものメンバーのバンドで全てのメンバー

にこれだけの演奏技術と経歴を持つバンドと

いうのは“和楽器バンド”が初めてではないで

しょうか?

和楽器バンドの演奏動画をご紹介

“和楽器バンド”の演奏を耳にされたり、実

際に演奏している所をご覧になられた事の

無い方もおられるでしょう。

 

“和楽器バンド”についてや、メンバーのご紹

介をご覧になって、“和楽器バンド”の曲を聴

いてみたいと思われた事でしょう。

 

では、“和楽器バンド”の演奏をご紹介したい

と思います。

 

では、どうぞご覧下さいませ。

●『オキノタユウ』

いかがでしたか?

少しバラード調なのでしょうか?

ボーカルの鈴華ゆう子さんのしっとりとした

歌声が心地よい曲でしたね。

 

今回ご紹介しました動画は3/22発売、和

楽器バンド待望の3rd ALBUM「四季彩-

shikisai-」の収録された曲です。

 

ぜひ、3rdアルバムも聴きたいですね。

和楽器バンドのライブ情報やチケット入手方法は?

“和楽器バンド”のパフォーマンスをご覧に

なって、ぜひライブへ!と思われた方も多い

のではないでしょうか?

 

そこで現時点(2017年3月)で“和楽器

バンド”のライブ情報やチケット入手につい

て調べてみました。

 

●『和楽器バンド HALL TOUR

2017 四季ノ彩-Shiki no Irodori-』

チケットは2月25日に一般発売が始まって

おり、ここにご紹介致します日程すべてのS

席については、予定数に達し完売しています。

 

《チケット料金》

Sシート:¥8,700-(税込)(SOLD OUT) 

Aシート:¥6,300-(税込)

Bシート:¥3,900-(税込)(後方席)

 

《ライブ日程》

●4月22日(土)

かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルト

ホール

会場 15:00 開演 16:00(予定)

●4月29日(土)

茨城県立県民文化センター大ホール

会場 17:00 開演 18:00(予定)

●5月3日(水/祝)

サンポートホール高松・大ホール

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●5月4日(木/祝)

高松市総合コミュニティセンター

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●5月7日(日)

福岡市民会館

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●5月14日(日)

長野・ホクト文化ホール・中ホール

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●5月27日(土)

サッポロわくわくホリデーホール

会場 17:00 開演 18:00(予定)

●6月4日(日)

よこすか芸術劇場

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●6月9日(金)

金沢市文化ホール

会場 18:00 開演 19:00(予定)

●6月11日(日)

新潟テルサ

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●6月17日(土)

広島上野学園ホール

会場 17:00 開演 18:00(予定)

●6月18日(日)

倉敷市芸文館

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●7月1日(土)

仙台サンプラザホール

会場 17:00 開演 18:00(予定)

●7月2日(日)

郡山市民文化センター大ホール

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●4月22日(土)

かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルト

ホール

会場 15:00 開演 16:00(予定)

●7月8日(土)

グランキューブ大阪

会場 17:00 開演 18:00(予定)

●7月9日(日)

ロームシアター京都 サウスホール

会場 16:30 開演 17:30(予定)

●7月15日(土)

日本特殊陶業市民会館フォレストホール

会場 17:00 開演 18:00(予定)

●7月21日(金)

東京国際フォーラム ホールA

会場 18:00 開演 19:00(予定)

 

今年のライブはここまでしか発表されていま

せんが、8月以降は何かイベントを企画され

ているのでしょうか?

 

S席は残念ながらSOLD OUTですが、Aシート

とBシートはまだあるようですので、お近く

の方はぜひ、足を運んでみてくださいね。

和楽器バンドのまとめ

今回ご紹介致しました“和楽器バンド”、いか

がでしたか?

和楽器

出典:http://s.eximg.jp

以前であれば、ロックに和楽器を加えたり、衣

装も和装を取り入れたりのようなバンドは考え

た事もありませんし、そもそも和楽器と洋楽器

の音がこんなにも合って、和楽器でロックを演

奏する事に違和感のないものだとは思いません

でしたね。

 

今回の“和楽器バンド”の活躍によって和楽器

を習ってみたいという人達が増えてきている

との事ですから、和楽器の世界の方には喜ば

しい事ですよね。

 

これからも“和楽器バンド”の活躍に目が離せ

ませんね。

 

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

kanade♪

 

☆関連記事もどうぞ♪

●“和楽器バンド”美人ボーカル、鈴華ゆう子さんについて♪

●ニコ動でおなじみのまらしぃさんについて♪

●“ピアニート公爵”、森下唯さんについて♪

●森下唯さんの超絶技巧について♪

コメント