蔦谷恒位置の本名や結婚相手、子供は?プロフィール(高校/大学)、音楽プロデュースしたアーティストは?

みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

kanade♪です。

今回ご紹介するのは、ミュージシャンであり、音楽プロデューサーの

蔦谷恒位置さん。

蔦谷恒位置さんは2017年1月8日放送の『関ジャム』に出演されます。

蔦谷恒位置さんは数多くの有名なミュージシャンと関わり、作品を世に送り

出している方です。

そんな蔦谷恒位置さんですから、ご存知の方も多いと思いますが

改めてご紹介致します。

蔦谷恒位置さんのプロフィール

%e8%94%a6%e8%b0%b7%ef%bc%91

出典:https://pbs.twimg.com

蔦谷恒位置さんは1975年5月19日、北海道札幌市出身でいらっしゃいます。

本名は蔦谷恒一(つたやこういち)さん。

読み仮名は一緒で、名前の部分のみ少し変えただけなのですね。

また、あだ名が“ナイスポジション”だとか。

高校は『札幌西高校』を卒業し、大学は『北海学園大学』を卒業。

4歳頃に近所の音楽教室で音楽に触れ、5歳頃にピアノを習い始めます。

小学生4年生の頃には“打ち込み”を始めます。

中学2年生頃にはJAZZにはまり、独学でJAZZピアノを始めます。

大学に入ると一旦“JAZZ研”に入りますが、後にPOPミュージックに転換。

曲を作り、事務所やレコード会社に売り込みます。

それに対して返事は必ず戻って来たと言います。

その事で音楽の世界でやっていけるのではないか?と思うようになります。

2000年3月にバンド“CANNABIS”(キーボード担当)のメンバーとしてデビュー。

ですが、2003年には解散。

2009年からは“株式会社アゲハスプリング”に所属され、作曲家、編曲家、

音楽プロデューサーとして活躍されています。

蔦谷恒位置さんのこれまでの軌跡

蔦谷恒位置さんは中学生から高校生までは“できれば音楽の仕事をしたい”と

思ってはいたそうですが、実際にプロになれるとは思っていなかったそう。

蔦谷恒位置さんは元はクラシック音楽が好きだったそうですが、課題曲を

与えられても“この部分はもうちょっとこんな風にした方が良いんじゃないか”

と思い、勝手にアレンジして弾いたりしていたそうです。

そして大学生になると“JAZZ研”に入り、その頃には一日12時間もピアノを

弾いていたといいます。

そこまでしてJAZZピアノを練習しますが、JAZZの大御所ハービー・ハンコックの

ようには自分はなれないと悟り、POPミュージックであれば彼よりも上手く

出来るかも知れないと、方向転換します。

そしてアルバイトで貯めたお金で機材を購入。

曲作りを始め、いろいろな事務所やレコード会社に曲を売り込むと、反応も良く、

蔦谷恒位置さんがその頃に活動していたバンドは地元の札幌の音楽コンテスト

ではほぼ優勝していました。

そんな事もあり、自信のついた蔦谷恒一さん達。

音楽の道で上手くやっていけるかも知れないと考えます。

ですが、やはり現実音楽の世界は厳しく、デビューシングルも思うように

売れません。

やがて、スタッフの数もライブに足を運んでくれるお客様も減っていきます。

そして2003年、バンドは解散してしまいます。

その後は、携帯電話の“着メロ”を作ったり、キャバクラでピアノ演奏を

していたといいます。

やはり、芸能の世界で生き残って行くという事はとても大変な事なのですね。

蔦谷恒位置さんが関わったアーティスト

蔦谷恒位置さんが関わったアーティストにはどんな方がいらっしゃるので

しょうか?主なアーティストの方だけでも下記の通りです。

●YUKI

●エレファントカシマシ

●Superfly

●CHARA

●ゆず

●AAA

●平井堅

●いきものがかり

●FLOW

●木村カエラ

●絢香

●JUJU

●岡野宏典

●綾瀬はるか

●新垣結衣

●森山直太朗

●関ジャニ∞

●クリープハイプ

●チームしゃちほこ

●三森すずこ

錚々たるメンバーですよね。

下記の3組(人)について、私は存じ上げませんが、その他の方は

本当に第一線で活躍されている方達ばかりですね。

この事からも蔦谷恒位置さんの音楽センスがどれほど素晴らしいものなのかが

想像出来ますね。

蔦谷恒位置さんがプロデュースした“Superfly”の『Box Emotions』は

2009年の『日本レコード大賞』優秀アルバム賞を受賞。

2013年にもプロデュースした“ゆず”の『LAND』も『日本レコード大賞』

優秀アルバム賞を受賞されています。

また蔦谷恒位置さんが2012年までに手掛けた楽曲は300曲以上にのぼり、

総売上は500万枚を超えるそうです。

蔦谷恒位置さんの音楽作りが凄い!

蔦谷恒位置さんは、これだけ素晴らしい曲を世に送って居られる訳ですが、

それはどのように行っていいるのでしょうか?

蔦谷恒位置さんはもう30年程の“打ち込み”のキャリアをお持ちで、作曲に打ち込みも

使用していますが生演奏も取り入れるという手法をとっています。

現代では、ほとんどを打ち込みで曲を作るという傾向が強いのですが、

蔦谷恒位置さんは“打ち込み”と“生音”を上手く組み合わせ、音楽を

作っておられます。

またメロディは“鼻歌”で作るそうです。

なぜなら、楽器を使用すると、いろいろなコード進行から“キメ”まで

思いついてしまうからといいます。

また、“一発録り”も良くするそうで、ヴォーカルと演奏の同時録音も

行ってしまいます。

“一発録り”をする、なんて言われたら、凄いプレッシャーですよね💦

それでもやってのける人達は蔦谷恒位置さんを含め、やはりプロですね!

私だったら断ってしまうかも(苦笑)

蔦谷恒位置さんの結婚した相手や子供はいる?

蔦谷恒位置さんはご結婚はされているのでしょうか?

されているのであれば、お子様はいらっしゃるのでしょうか?

蔦谷恒位置さんは2011年3月1日にご結婚されています。

この日はご両親の結婚記念日でもあるそうです。

蔦谷恒位置さんの結婚式は2011年の6月に地元で行われ、家族とごく親しい人

を招いて行われました。

その式では“Superfly”が『愛を込めて花束を』、“ゆず”が『虹』、そして

“エレファントカシマシ”の宮本浩次さんが『笑顔の未来へ』と『悲しみの果て』を

熱唱したそうです。

とても豪華な式だったのですね。

そして、お子様については、どうやら女の子がいらっしゃるようです。

蔦谷恒位置さんのまとめ

今回ご紹介した蔦谷恒位置さん、小学生で既に打ち込みを始めたり、原曲を

自分なりにアレンジして弾いてしまうなんて凄い少年だったのですね。

そして現在では数々のアーティストの信頼も厚く、アーティストの方達からも

なくてはならない存在となっている蔦谷恒位置さん。

%e8%94%a6%e8%b0%b7%ef%bc%93

出典:http://www.sony.jp

今回出演される2017年1月8日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』では

“売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2016年ベスト10”という事

のようです。

蔦谷恒位置さんは一体どんなアーティストをベスト10に選ぶのでしょうね。

オンエアも楽しみですが、今後の蔦谷恒位置さんの活躍も楽しみですね。

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

また次回お会い致しましょう。

kanade♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. えいちゃん より:

    はじめましてこんにちはー
    蔦谷恒位置さんについてお聞きしたいです
    札幌市出身とのことですが、子先祖様は稚内?ということはありませんか?
    「蔦谷さん」という名前は珍しいですよね。
    いろんなことに共通点があって、興味がでたものですから。
    わかったら教えてください。

    • kanade♪ より:

      えいちゃんさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      蔦谷恒位置さんの子先祖様が稚内出身では?という事で
      私も調べてみましたが、残念ながら有益な情報は
      ありませんでした。

      『蔦谷』さんという苗字は確かに珍しいですね。
      そんな事からもえいちゃんさんの情報は有力かも知れませんね。

      今回はメッセージを頂きましてありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です