シュテファン・コンツ(チェロ/ザ・フィルハーモニクス)wikiプロフィール、経歴や賞歴、演奏動画をご紹介

みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

kanade♪です。

今回ご紹介するのは2017年2月12日放送の『題名のない音楽会』出演の

“ザ・フィルハーモニクス”のチェロ奏者のシュテファン・コンツさん。

このアンサンブルは各楽器の奏者がオーケストラの首席奏者を務めるなど、

とても素晴らしい演奏家です。

その事もあり、“ザ・フィルハーモニクス”のメンバーを一人ずつご紹介して

おります。

シュテファン・コンツさんの演奏はとても素晴らしい事は言うまでもありま

せんが、どんな方なのか知りたいですよね?

では、早速シュテファン・コンツさんをご紹介致します。

シュテファン・コンツさんのプロフィール

シュテファン・コンツ

シュテファン・コンツさんは1984年で33歳。(2017年現在)。

ウィーン生まれでいらっしゃいます。

ご家族はハンガリー系のオーストリア人。

チェロは7歳から始めます。

大学は“ウィーン音楽大学”にすすみ、チェロを専攻。

指揮や作曲についても学ばれます。

『ベルリン・フィル12人のチェリストたち』のメンバー。

また、“ヴェルヴィエ祝祭室内管弦楽団”の首席奏者。

そしてシュテファン・コンツさんには弟がおられます。

お名前はクリストフ・コンツさん。

では少し弟のクリストフ・コンツさんについてご紹介致します。

スクリーンショット 2017-02-11 12.23.42

弟のクリストフ・コンツさんは1987年生まれという事ですからシュテファン・

コンツさんより3歳下で30歳。(2017年現在)

お顔はお兄様に似ているような、似ていないような・・・

弟のクリストフ・コンツさんはお兄様のシュテファン・コンツさんよりも

優しお顔立ちですね。

お兄様のシュテファン・コンツさん同様に幼い頃にチェロを始めますが、お兄様の

シュテファン・コンツさんよりも若干早い4歳からチェロではなく、ヴァイオリン

を習い始めます。

弟のクリストフ・コンツさんは2008年、“ウィーン国立歌劇管弦楽団”で

2stヴァイオリンの首席奏者を務められ、2011年よりは“ウィーン・フィル”で

2stヴァイオリンの首席奏者を務めていらっしゃいます。

ご兄弟揃ってオーケストラの首席奏者を務められるとは、本当に素晴らしいですね。

シュテファン・コンツさんの経歴

シュテファン・コンツさんは“ヴェルヴィエ祝祭室内管弦楽団”、“ウィーン・フィル”の

メンバーとして2年間在籍。

2010年よりは“ベルリン・フィル”へ移籍されています。

どうやらその理由は愛する人を追いかけて“ベルリン・フィル”へ移籍したとか。

そう言う事から“彼は本当のロマンティスト”と言われています。

この事が事実なのであれば、もちろん恋人の後を追っての事でしょうけれど、

現在はその恋人とはどうなっているのでしょうね?

少し気になってしまいますね。

シュテファン・コンツさんの演奏や賞歴

シュテファン・コンツさんは室内楽奏者として国内外の数々のコンクールに入賞されて

おられますが、細かい受賞の名前などはわかりませんでした。

そこで、シュテファン・コンツさんの演奏がどれだけ素晴らしいか、演奏動画をご覧頂

こうと思います。

ご紹介する演奏動画なのですが、入場してくる2人がよく似ているなあと

思っていましたら、コンツ兄弟でした(笑)

チェロをお兄様のシュテファン・コンツさん。

指揮者を弟のクリストフ・コンツさんがされています。

ではお2人の演奏と指揮をどうぞご覧下さいませ。

●Haydn Cello Concerto No.1 (2014 Live)

いかがでしたでしょうか?

チェロの音色って心地良いですね。

私は弦楽器の中ではチェロの音が好きなんですよね。

ご兄弟でこういったポジションで出演という事はよくある事なのでしょうか。

何だか得した気分になったのは私だけでしょうか(笑)

ご兄弟で指揮者と演奏者として共演するなんて、本当に仲が良いのでしょうね。

後、音楽性も似ていらっしゃるのでしょうか?

そうでなければ兄弟という立場上、お互い近い存在だと思いますので指揮者と奏者の

関係は難しそうに感じるのですが。

こうして素晴らしい音楽を披露して下さるという事はお互いに音楽家として尊重し、

認め合っておられるのでしょうね。

シュテファン・コンツさんのまとめ

シュテファン・コンツさんですが、動画の方は優しい印象でしたね。

お写真のシュテファン・コンツさんはちょっと怖そうに見えましたが。

それにしても演奏している姿、とても素敵でしたね。

今回放送の『題名のない音楽会』ではどんな演奏を聴かせてくれるのか

とても楽しみですね。

では今回はこの辺で。

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

また次回お会い致しましょう。

kanade♪

☆『題名のない音楽会』の記事はコチラ♪

☆“ザ・フィルハーモニクス”の記事はコチラ♪

☆“ザ・フィルハーモニクス”のメンバーの記事はコチラからどうぞ☆

☆ヴァイオリン奏者ティボール・コヴァーチさんとコントラバス奏者のエーデン・ラーツさんの記事はコチラ♪

☆ヴィオラ奏者ティロ・フェヒナーさんの記事はコチラ♪

☆クラリネット奏者ダニエル・オッテンザマーさんの記事はコチラ♪

☆ヴァイオリン奏者セバスティアン・ギュルトラーさんの記事はコチラ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です