ピアノは楽譜が読めなくても鍵盤の位置がわからなくても弾けるのか?

「ピアノを弾きたいけれど楽譜が読めない」という声をよく耳にします。

果たして楽譜が読めなければピアノを弾くことが出来ないのでしょうか?

答えは

“NO!!”です。

では、どうしてそんな事が言えるのか、今回は書いていこうと思います。

楽譜が読めないとピアノは弾けない?

“そんな事はありません!!”

ただ、どこかにピアノを習いに行っていたり、本格的にクラシックを弾きたいと

言うのであれば楽譜が読める事は必須となって来ます。

それと同時に鍵盤の位置も覚えなければなりません

私の考えなのですが、楽譜はあくまでも音楽の“地図”のようなもので、

楽譜に記載されている通りに弾くことにより、迷わずその曲が伝えようとしている事を

表現する為の“地図”のようなものなのです。

なので、“地図”である“楽譜“が読める事に越した事は無いでしょう。

ですが、このサイトを訪問して下さった方は

“とにかく早く好きな曲をピアノで弾きたい”と思って、ご訪問下さっていると思います。

極端ですが、ご自身がお好きな曲が弾けるようになる事が目的ですので、

楽譜が読める読めない、鍵盤はどこの位置?という事は後回しで大丈夫です!!

どこかに習いに行くのであれば、たとえ趣味だとしても、教材として楽譜を

使用しますので、楽譜が読めて、鍵盤の位置がわからないということは

なかなか厳しい状況になると思います。

講師は教材である楽譜の通りに指導する事は当たり前だからです。

もちろんいきなり楽譜をみて弾きなさいとは言いませんが、

そうなるまでに時間がかかってしまいます。

それがポピュラーピアノであってもクラシックを教えてもらう事と同じで

楽譜が読めて、鍵盤の位置がわかる事は最低限の事となって来ます。

教える側は“仕事”なのですから、生徒の方が弾けないという事は、

ピアノを指導する方々にとってその仕事が続けられるかどうかの問題となりますから、

もちろん必死に楽譜に書かれているように指導していきます。

特にクラシックになると、その楽譜に書かれている事を表現する事を求められますから、

楽譜を読める事はもちろん、音楽の記号(強弱記号やその曲に対して感情を

表現する為の用語等)を理解する事が求められます。

そうでない曲も、クラシックのように音楽用語に対して厳格ではなくても、最低限の意味を

わかっていた方が無難だと思います。

独学はどうでしょうか?

私のこのサイトをご覧頂いている方は上記のような事も

疑問に思っておられるのではないでしょうか?

“独学だからピアノが弾けない”

そんな事はありません!!

“ピアノなんて弾けない”という人に必ず言う言葉があります。

それは

「“ねこふんじゃった”って弾けるでしょ?」と。

みなさんもどうですか?

“ねこふんじゃった”って弾けませんか?

よく小学生の頃、音楽の時間にみんな我れ先にと、ピアノで“ねこふんじゃった”を

弾きませんでしたか?

弾いた方というか“弾けた方”は多いのではないでしょうか?

では、それは、誰かに教えてもらいましたか?楽譜を見て弾きましたか?もしくは

楽譜を見て弾けるようになりましたか?

どうでしょう。

“もちろんそんな事はしていない、自然になんとなく弾けた”

という方がほとんどではないでしょうか。

どうですか?私が“楽譜が読めなくてもピアノは弾ける”とお伝えしている理由は

おわかりになられたでしょうか?

では、改めて

楽譜の存在意味とは?

この私のサイトをご訪問頂いている方は、そんな専門的な事よりも、

“とにかくピアノが弾きたいという方々”だと思います。

ただ、楽譜が読めて、鍵盤の位置もわかる方が、弾きたい曲の上達も早いですし、

好きな曲を弾ける幅が広くなるのは事実です。

なぜなら、先程も書きましたが楽譜に書かれているのは、曲の“地図”であって、

例えばAという曲の“場所”に迷わず辿り着く為のものです。

なので、

楽譜という“地図”には、みなさんが迷わないように“ここはこうしてください”

“ここは強く、ここは弱く”という表示が書かれてあります。

その曲の持つ意味、その曲に対して作曲家が求めている表現、想いが書かれています。

特にその事を忠実に表現する事を求められるのがクラシック音楽です。

ですが、どのジャンルも弾こうととする曲を好きになる事により、

自然と楽譜に書かれている事が表現出来るようになります。

結論から申しますと、その曲について、悲しい曲なのに楽しく弾いたりというように

その曲に対して逆の事と解釈していない限り、メロディーは楽譜に書かれているように

弾こうとしなくても、自ずと“そのようになるよう”に演奏ができるようになります。

今回のまとめ

今回はとても堅苦しい内容になってしまいましたね(苦笑)

今回みなさんに伝えたかったのは、曲を弾くとい事で一番大切なのは、

“その曲が大好きで、どうしても自分で弾けるようになりたい!!”

その気持ちが一番大切だと思います。

楽譜を読む、鍵盤の位置を覚える、それは後でも大丈夫!!

みなさんの悩みにお答えできたでしょうか?

では

ご訪問くださった皆様ありがとうございました。

宜しければ、またご訪問くださいね☆

kanade♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です