ノラ・ジョーンズ(美人ヴォーカリスト)プロフィール、彼氏や結婚についてや動画をご紹介

みなさん今日は。 kanade♪です。

本日もご訪問、ありがとうございます。

今回ご紹介するのはジャンルはピアニストでは ありませんが、

ノラ・ジョーンズさんをご紹介致します。

ノラ・ジョーンズさん、最近は某バラエティー番組に出演されて いましたが、

ライブもあるようですね。

久々の来日という事で、今回は、ノラ・ジョーンズさんを ご紹介致します。

ノラ・ジョーンズさんのプロフィール

%e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%92

出典:https://si.wsj.net

ノラ・ジョーンズさんの本名はGehali Norah Shankarさんとおっしゃいます。

1979年3月30日にアメリカ、ニューヨークで生まれます。

後でご紹介しますが、お父様は音楽家で、お母様は元ダンサー。

残念ながらご両親は離婚されています。

ノラ・ジョーンズさんの職業はシンガーソングラターになるようですね。

私はてっきりJAZZヴォーカルかと思っていました。

音楽のジャンルはJAZZ、ソウル、カントリーフォーク、ブルース、ポップス

と幅広いようです。  

ノラ・ジョーンズさんのご家族について

先程も少し触れましたがノラ・ジョーンズさんのご両親は ノラ・ジョーンズさんが

幼い頃に離婚してしまい、お父様は再婚されます。

そのお父様はインドの伝統楽器“シタール”のとても有名な奏者。

お名前はラヴィ・シャンカルさん。 %e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%94

出典:http://indiamatome.com

“インドの至宝”とも呼ばれるような方です。

お父様は1920年4月7日生まれで、2012年12月11日に

他界されています。

お母様は元ダンサーでプロモーターのスー・ジョーンズさんとおっしゃいます。

ノラ・ジョーンズさんのお父様は再婚されていて、2人の間に女の子が生まれます。

ノラ・ジョーンズさんから見ると、異母妹ですね。

お名前はアヌーシュカ・シャンカルさんとおっしゃいます。 %e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%95

出典:http://blogimg.goo.ne.jp

アヌーシュカ・シャンカルさんは1981年6月9日にイギリスのロンドンに

生まれます。  

このアヌーシュカ・シャンカルさんは、ノラ・ジョーンズさんのお父様でもある

ラヴィ・シャンカルさんからシタールを学び、シタールの演奏を継ぐ正当な後継者

として活躍されています。

ノラ・ジョーンズさんの音楽の魅力とは?

ノラ・ジョーンズさんの魅力と言えば、その美貌。

そして少しハスキーな歌声に、幻想的な音楽ではないでしょうか。  

最後にノラ・ジョーンズさんの動画をご紹介しますが、美貌も 去る事ながら、

その奏でる音楽がポピュラーでもニューミュージック でもなく、JAZZのような

不思議で幻想的な曲です。

その基本となっているものはソウルやカントリー、フォーク、ポップス。

それらを織り交ぜ紡ぎ出された音楽です。  

また、ノラ・ジョーンズさんの歌声も魅力の一つだと思います。

少しハスキーで重厚感のある歌声がカッコイイのです。

ハスキーな声と言えば、ジャズヴォーカルのお好きな方は良く ご存知だと思いますが、

ケイコ・リーさんも有名ですよね。 %e3%82%b1%e3%82%a4%e3%82%b3%ef%bc%91

出典:http://www.billboard-live.com

彼女もスレンダーで美人。

それでいてハスキーな声という事で とても魅力のあるアーティストです。

ケイコ・リーさんについてはまた追々ご紹介出来ればと思います。

ノラ・ジョーンズさんの音楽の原点はLPレコードから

ノラ・ジョーンズさんのご両親は、ノラ・ジョーンズさんが生まれる前、 もしくは、

3歳の頃に離婚したと言われています。

ノラ・ジョーンズさんが4歳の頃、お母様とテキサス州に移り住みます。  

幼いノラ・ジョーンズさんは寂しさを紛らわす為に“LPレコード”を 聴く事で

寂しい気持ちを紛らわせようとします。

始めは、そんな理由であった事が後に音楽に興味を持つきっかけと 言えるでしょう。  

やがて地元のカントリー・ミュージックやソウル・ミュージックを ピアノで弾いたり、

歌ったりするようになり、5歳になると聖歌隊の 合唱団に所属。

7歳からピアノのレッスンを始めます。

中学生になると、アルト・サックスも始めます。

高校を卒業すると『北テキサス大学』でJAZZを専攻。  

20歳の頃、ニューヨークのマンハッタンに旅行。

そのまま大学には戻らずにウエイトレスをしながらオリジナル曲の 作曲を始めます。

1999年12月頃から約一年、ファンク・フュージョンのバンドを 結成し、

ヴォーカルとピアノを務めました。  

ノラ・ジョーンズさんのデビューのきっかけ

ノラジョーンズさんはどのようなきっかけでデビューを果たしたのでしょうか。

 ノラ・ジョーンズさんは現在プロとして活躍している方達と同じで プロになる為に

デモテープを作製していました。

このデモテープを聴いた『ブルーノート』の社長であるブルース・ランドヴァル氏が

ノラ・ジョーンズさんの素質を見抜く事に。  

そして、2001年1月、『ブルーノート』と契約を交わします。

2001年5月よりプロデューサーとして有名なクレイグ・ストリートさんが 担当。

2002年2月26日『Come away with me』(邦題:『ノラ・ジョーンズ』)

22歳でデビューしました。  

『ブルーノート』の社長が素質があると見抜く位ですから、ノラ・ジョーンズ さんは

音楽の才能に満ち溢れれいたのでしょうね。

ノラ・ジョーンズさんの偉業の数々

ノラ・ジョーンズさんは学生時代から、その類い希なる音楽の 才能を発揮します。

1996年、高校在学中に『ダウンビート学生音楽賞』(Down Beat Student Music

Awards)  の“最優秀JAZZヴォーカリスト賞”と “最優秀オリジナル作曲賞”を

受賞します。

1997年も同音楽賞で“最優秀JAZZヴォーカル賞”を受賞。  

2002年3月16日付から2004年12月4日付の『ビルボード』の

コンテンポラリー・JAZZアルバムのチャートで 143週連続1位を獲得。  

2004年2月には、この月にリリースしたアルバム『フォールズ・ライク・

ホーム』は発売後5日目にミリオンセラーという偉業を 達成します。

またデビューアルバムの『Come away with me』は 全米で1800万枚、

累計で2300万枚を売り上げます。

グラミー賞ではノミネートした主要4部門を全て受賞し、8冠を達成します。  

デビューアルバムの売り上げは驚きの数字ですね!!

ノラ・ジョーンズさんの彼氏、結婚は?

ノラ・ジョーンズさんは、歌声も素晴らしく、美貌の持ち主。

そんな素敵な女性の彼氏はどんな方なのか、気になりますよね?

そこで調べてみました。  

すると、お子様が二人もいました!! ですが、ご結婚はされていないようです。  

2014年と2016年にお一人ずつ、出産されています。

お一人目のお子様はChris Prattさんとおっしゃる方との お子様のようです。

現在はベーシストをされているリー・アレクサンダーさんが 現在の恋人ということで、

お二人目のお子様はどなたとの間にできた お子様なのかはわかりませんでした。

それにしてもお二人もお子様がいらっしゃるようには 見えませんね。  

ノラ・ジョーンズさんのまとめと演奏動画をご紹介

みなさん、今回のノラ・ジョーンズさんはいかがでしたか? %e3%83%8e%e3%83%a9%ef%bc%93

私が知っているノラ・ジョーンズさんはロングヘアーのイメージでしたので

ショートヘアーになっていてびっくりしました。

 

でも、ノラ・ジョーンズさんは美人ですからショートヘアーも

お似合いで、相変わらず可愛くもあり、カッコイイですね。

 

また、お子様がお二人もいらっしゃるという事にも驚きでした。

それからピアノのライブも良いですが、ヴォーカルのライブも良いもの ですよね。

ノラ・ジョーンズさんのライブは行った事がないのですが、

ぜひ、機会があればぜひ行きたいと思います。

 

では最後にノラ・ジョーンズさんの動画を2曲ご紹介させて頂きます。

2002年2月26日デビュー曲『Come away with me』と

ノラ・ジョーンズさんの曲で人気の高い『Don’t Know Why』の動画をご紹介致します。

ぜひご覧下さいませ。

 

●『Come away with me』(邦題:『ノラ・ジョーンズ』)

とてもけだるい歌い方がカッコ良くも写る曲です。

淡々としたメロディーの曲を更に80’年代を思わせるレトロな

雰囲気の映像がこの曲のイメージによくマッチしています。

●『Don’t Know Why』

歌声も素敵ですが、歌の合間に聴こえるピアノ伴奏の音が入る

タイミングがとても心地良く聴こえます。

時折、観客に視線を送りながら歌うノラ・ジョーンズさんが

カッコいいですね。

ノラ・ジョーンズさんの歌声、いかがでしたか?

ぜひ、他の曲も聴いてみて下さいね。  

ではみなさん、本日もご訪問ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

kanade♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です