松武秀樹(シンセサイザー)YMOやWIKI(学歴/経歴)について【題名のない音楽会】

題名のない音楽会

松武秀樹さんはシンセサイザー奏者の第一人者

『題名のない音楽会』に出演します。

 

正式名称は“モーグ・シンセサイザー”というそうです。

 

シンセサイザーは1970年代のテクノブームで注目が集まります。

当時、シンセサイザーは貴重な物で、海外から輸送料や関税で当時の日本円に換算して1,000万円かかったという、とても高価な機材。

そんな機材が奏でる音に魅了された松武秀樹さん。

 

どのようにして、シンセサイザーに携わっていったのでしょうか?

また、あの世界的な音楽家、坂本龍一さんやユニット“YMO”と関係があるそうです。

 

どんな関係なのか気になりますね。

 

みなさんこんにちは。

kanade♪です。

では、松武秀樹さんをご紹介です。

松武秀樹WIKI

出典:http://gm.fanmo.jp

名前:松武秀樹

生年月日:1951年8月12日

出身地:神奈川県横浜市

学歴:『千代田電子技術専門学校』

職業:作曲家、編曲家、シンセサイザープログラマー

その他:

・『一般財団法人 日本シンセサイザープログラマー協会』代表理事

・『一般財団法人 演奏家権利処理合同機構MPN』副理事

・『公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会』常務理事(広報担当)

 

父親は音楽家で“原信夫とシャープスアンドフラッツ”の創設メンバーでテナーサックス奏者の松武静夫さん。

 

このことから、松武秀樹さんは幼少の頃から音楽に親しみ育ちます。

松武秀樹がシンセサイザーに携わるきっかけ

松武秀樹さんがシンセサイザーの存在を知ったのは、1970年の『大阪万博』。

この時、ウォルター・カーロスの“スイッチド・オン・バッハ”の自動演奏を耳にします。

 

“スイッチド・オン・バッハ”とは、シンセサイザーとコンピューターを組み合わせて演奏されたもの。

その不思議な音に魅了されます。

 

そして、1971年、松武秀樹さんは“千代田電子技術専門学校”を卒業すると、父親の松武静夫さんの伝手で作曲家であり、後にシンセサイザー奏者となる故:冨田勲さんのマネージメント会社『インターバック』に19歳の時に弟子入りという形で入社。

 

アシスタントとなり、“モーグ・シンセサイザー”の音楽制作を経験後、

23歳の頃、音楽制作会社『エム・エー・シー』(MAC,Musical Advertising Corps)を設立し、独立

 

この時、シンセサイザー“Moog III-C”を購入。

とても高価でしたが、パトロン会社や後に参加する“YMO”の参画のお陰で購入する事ができたそうです。

 

シンセサイザーの別名は“タンス”?

Eumシステムのアナログ・シンセサイザーの別名はタンスというのだとか。

どうして“タンス”なのでしょう。

出典:http://sawacreativestudio.com

この名前を付けたのは松武秀樹さん。

その理由は

“タンスの引き出しからいろんな物を出すように、多彩な音を出すことができるから”

だそうです。

わかりやすく、何ともユニークな名前ですね。

スポンサードリンク

松武秀樹とYMOの関係は?

松武秀樹さんは、あの坂本龍一さんや音楽ユニット“YMO”と関係があるとか。

 

そのきっかけはどのようなものなのでしょうか?

松武秀樹さんが独立し、坂本龍一さんの『千のナイフ』の音楽制作に携わります。

 

この時に、後に結成する“YMO”の細野晴臣さんが見学に。

数日後、細野晴臣さんのマネージャーより

「電子楽器を使うYMOというバンドをやるので一緒にやらないか」

と誘われます。

これがきっかけで“YMO”に参加。

 

“YMO第四のメンバー”と呼ばれることとなりました。

 

松武秀樹さん曰く、当時は電子楽器は高価ということもあり、演奏出来る人もいなかったという背景もあり、声がかかったのでは?と語っておられます。

 

ですが、本当に松武秀樹さんの音楽の才能を見込んで“YMO”のメンバーに、というオファーがあったのでしょうね。

 

松武秀樹の経歴

松武秀樹さんの主な経歴のご紹介しましょう。

 

●1974年

音楽制作会社『エム・エー・シー』(MAC,Musical Advertising Corps)を設立し、独立。

 

●1978年

矢野顕子さんのアルバム『トキメキ』のレコーディンングで“デジタル・シーケンサー”を使用。

 

その後、坂本龍一さんの初めてのソロアルバム『千のナイフ』に参加。

 

●1978年〜1982年

“YMO”の“サウンド・プログラマー”として参加。

 

●1980年

テレビ特撮番組の主題歌やBGMも担当。

 

●1981年

自身のユニット“Logic System”を結成。

 

●1988年

入江純さん、松本隆さんとユニット“AKIHABARA ELECTRIC CIRCUS”を結成。

 

●1993年

辻仁成さんとユニット“BEAT MUSIK”を結成。

この後も様々なアーティストとユニットを結成し、活躍します。

 

●2011年

“Logic System”はDj Hatveyを筆頭に豪華ミキサー陣が参加。

リリースに合わせて“エレクトロニック・ミュージック”にフョーカスした新レーベル『MOTION±』を始動。

 

2017年2月には音楽活動45周年を迎え、『LOGIC CHRONICLE』を発表し、同年4月に『第20回文化庁メディア芸術祭』功労賞を受賞しています。

スポンサードリンク

最後に

松武秀樹さんは今回の『題名のない音楽会』でどのような演奏を披露してくれるのでしょうか。

 

シンセサイザーをメインに音楽を聴く機会がほとんどないので、今回の御オンエアが楽しみですね。

出典:https://jp.yamaha.com

では今回はこの辺で。

本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております☆

kanade♪

☆こちらの記事もオススメです☆

→反田恭平(そりたきょうへい)彼女、両親は音楽家?プロフィール(高校/大学)動画で超絶技巧ピアニストを紹介

→小原孝(ピアノ)弾き語りフォーユーが素敵!WIKI(学歴/経歴)、結婚は?

コメント