加耒徹(かくとおる)声楽家/バリトンのイケメン音楽家、プロフィールや結婚は?動画もご紹介

みなさんこんにちは☆

kanadeです♪

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

 

今回ご紹介するのはピアニストではなく声楽家でバリトン歌手です。

その方は加耒徹(かくとおる)さん。

 

他のピアニストの方を調べている時にとてもイケメンな方を発見!!

それが加耒徹さんでした。

もちろん、イケメンというだけではない加耒徹さんをご紹介致します。

加耒徹(かくとおる)さんのプロフィールや経歴

%e3%81%8b%e3%81%8f%ef%bc%91

 出典:http://stat.profile.ameba.jp/

加耒徹さんは1984年5月1日生まれの32歳(2016年現在)。

福岡県福岡市出身でいらっしゃいます。現在は東京都にお住まいのようですね。

声楽家でバリトン歌手。

 

趣味はサッカー、フットサル。

好きなスポーツもサッカーという事で、休日にはサッカーを観るそうで

ご自身の事を“サッカー依存症”とおっしゃって居られます(笑)

 

もちろん、休日の日に音楽を聴いたりもするという事です。

長所は“前向きな所”であり、短所は“いつも笑ってしまう事”

という事ですが、“短所”はもはや“短所”ではないような気も

しなくもないですね。

加耒徹さんの周りは笑顔で溢れているのかも知れませんね。

 

では続いて経歴を見てみましょう。

大学は『東京藝術大学』音楽部声楽家を卒業され、同大学の大学院

音楽研究科修士課程独唱科を首席で卒業されます。

その後、奨学金を受けて、ウィーンで研修されます。

 

加耒徹さんは定期的に東京や福岡で定期的にリサイタルをされており、

歌曲についてレパートリーについて世界各国の作品を多く持ち、

定評があります。

 

現在は『バッハ・コレギウム・ジャパン』の声楽メンバーとして

海外ツアー他、録音にも参加されています。

 

また、『フェリス女学院大学』の非常勤副手であり、『二期会』の会員

いらっしゃいます。

加耒徹さんの受賞歴

加耒徹さんは数々の受賞歴があります。

第20回友愛ドイツリートコンクール』第2位受賞。

また、日本歌曲賞、日本R.シュトラウス協会賞を受賞されます。

 

2013年、『第15回NEUE STIMMEN 2013“新しい声”国際コンクール』の

日本代表に選ばれ、10月にドイツで行われた本選では日本人男声として

初めてセミファイナル進出。

2014年には、『シャネル・ピグマリオン・デイズ2014アーティスト』に

選ばれ、シャネル・ネクサスホールで6回のリサイタルを行います。

その他、世界各国の著名な人物とオペラの共演をされています。

加耒徹さんに彼女は?結婚してる?

加耒徹さん、本当にイケメンですよね!!

日本のバリトン界ではイケメン1位なのではないでしょうか。

 

そんな加耒徹さんの彼女やご結婚について、気になりますよね?

このサイトでご紹介している数々の音楽家の方々はほとんどが

独身の方。

 

その流れからすると、加耒徹さんもご結婚されているどころか、

彼女もいらっしゃらないような気がしますよね?

という訳で、調べてみました!

すると・・・ご結婚されていました!!

女性のみなさま、残念💦

 

これだけイケメンでバリトンという低い声だったら、もうそれだけで

加耒徹さんに恋してしまう女性も多いでしょうから、女性との出会いも

多かったのでは?と思います。

いつご結婚されたのか、ちょっとわからなかったのですが、加耒徹さんの

現在の年齢から考えると、20代後半にはご結婚されていたのでしょうね。

奥様がどんな方なのかわかりませんでしたが、どうであれ、 加耒徹さんは

イケメンですし、優しそうですから、奥様がとても 羨ましい限りです!!

加耒徹さんのまとめとリサイタル動画をご紹介

今回ご紹介の加耒徹さん、本当にイケメンでしたね。

ビジュアルから想像すると“バリトン”というイメージではないですよね。

 

声の低さとビジュアルのギャップが更に加耒徹さんを魅力的に

させるのでしょうね。

 

では最後に、加耒徹さんの動画をご紹介したいと思います。

その前に、加耒徹さんがブログのプロフィールに、“何をしている時が

幸せ”なのか、“幸せを感じる瞬間”について書かれています。

 

“何をしている時が幸せ”なのか・・・

それは『お客様に歌を聴いて頂いている時』

であり“幸せを感じる瞬間”は・・・『お客様からの拍手』

なのだそうです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-15-4-47-03

出典:http://blog-imgs-57.fc2.com

この答えから常に加耒徹さんはお客様の事を考え、大切にされて

いる事が伝わって来ますね。

 

そんな素晴らしい心を持つ加耒徹さんの歌声を

ぜひ、お聴きくださいませ。

 

では本日はこの辺で。

みなさま、本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

kanade♪

●2013年、『第15回NEUE STIMMEN 2013“新しい声”国際コンクール』

セミファイナル

●ロッシーニ:セヴィリアの理髪師より “フィガロのアリア ~私は町の何でも屋~”

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です