五嶋龍(バイオリニスト)題名のない音楽会の降板理由は?彼女や結婚、家族(父親)について

みなさん今日は.

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

kanade♪です。

今回ご紹介するのは『題名のない音楽会』のMCであり、バイオリニストの

五嶋龍さんです。

五嶋龍さんは今回、『題名のない音楽会』のMCを卒業されるようです。

MCの降板にはどんな理由があるのでしょうか?

2017年3月26日放送のテーマは『五嶋龍 原点回帰の音楽会』。

今回は五嶋龍さんを改めてご紹介致します。

スポンサードリンク

五嶋龍さんのプロフィール

スクリーンショット 2017-03-20 19.56.59

出典:http://gqjapan.jp

五嶋龍さんは、1988年7月13日生まれで29歳(2017年時点)。

五嶋龍さんには別名があり、Ryu Brian Gotoとおっしゃいます。

出身地はアメリカのニューヨーク。

日本でお生まれになったのではなかったのですね。

お母様もバイオリニストで五嶋節さん。お姉様は言わずと知れた有名なバイオリニストの五嶋みどりさん。

スクリーンショット 2017-03-29 9.42.26

五島みどりの軌跡が凄い!

今現在やタングルウッドの奇跡とは?

身長は176cm。

趣味は空手、ギター。

後、鉄道がお好きだと言う事です。

そんな事もあり、アメリカの友人から“RYU”が発音しにくいという事で“J.R”と呼ばれていたそうです。

五嶋龍さんはバイオリニストであったお母様より、2歳からバイオリンを始めます。

バイオリンはバイオリニストであるお母様の五島節さんの他、建部洋子さん、ビクター・ダンチェンコさん、チョーリャン・リンさんに師事。

高校は“トリニティ高校”を卒業されます。

2005年12月には“ハーバード大学”に合格。

物理学を専攻し、2011年に同大学の物理学科を卒業されました。

音楽大学へは進まず、物理学を学ぶ為に大学へ進んだなんて意外でしたね。

どうしても音楽家の方は音楽がお好きでしょうから、音楽をより深く学び、ご自分の演奏技術を磨く為に音楽大学へ進みそうですが、五嶋龍さんはそうではなかったのですね。

それでいて、この演奏技術ですから、幼少の頃からバイオリンを学んでいたという事もあるのでしょうけれど、やはりバイオリンの演奏に素質があったのでしょうね。

五嶋龍さんの経歴や賞歴

五嶋龍さんは、7歳の1995年夏には札幌の『パシフィック・ミュージック・フェスティバル』でオーケストラをバックにパガニーニのパガニーニの『ヴァイオリン協奏曲第1番』で鮮烈デビューを果たします。

2003年9月11日、“グラウンド・ゼロ”のメモリアル式典に出席。

同年、ドイツのクラシックレーベル“グラモフォン”と専属契約します。

2005年には“Ryu Goto(Deutsche Grammophon)”をリリース。

2006年6月20日から『五嶋龍 ヴァイオリン・リサイタル2006』を開催。

その後もリサイタルやCDを発表されておられます。

スポンサードリンク

五嶋龍さんの使用楽器は?

バイオリンと言えばやはり気になるのが、奏者が使用しているバイオリンの作者ですよね。

そこで五嶋龍さんが使用しているバイオリンを調べてみました。

五嶋龍さんが使用するバイオリンは、2013年12年からは1722年製の“ストラディヴァリウス”の“ジュピター・エクスゴーディング”。

これは“日本音楽財団”より貸与されました。

また、それまでは1715年製の“ストラディヴァリウス”の“エクス・ピエール・ローデ”。

こちらはNPO法人“イエロー・エンジェル”から貸与されたそうです。

やはり、一流のバイオリニストが使用する楽器は“ストラディヴァリウス”なんですね。

五嶋龍さんのご家族について

五嶋龍さんはお母様の五嶋節さんが離婚されていて、再婚された方との間に生まれたようです。

この再婚相手の方には、奥様がおられたそうです。

ですが、五嶋龍さんは、相手の男性が離婚した後に授かったお子様です。

五嶋節

五嶋みどり・五嶋龍の両親は?

母・五嶋節のプロフィールや夫は?

この事で幼い頃には“私生児”というような事を言われていじめられていたそうです。

でも、“私生児”という言葉、周りの幼い子供達は意味をわかっていて、そんな酷い事を五嶋龍さんに言っていたのでしょうか。

この再婚相手の男性の苗字は“金城”。

五嶋龍さんは“五嶋”と名乗っておられますが、本来であれば“金城”が姓になるハズと思いますよね?

この“金城”さんですが、実は当時“SONY”から“セガ”がアメリカに作った子会社の副社長になった金城摩承(かねしろまこと)さん。

という事は五嶋龍さんは、お姉様の五嶋みどりさんとは異父兄弟という事ですね。

五嶋龍さんは“五嶋”と名乗っておられますが、本来であれば“金城”が姓になるハズと思いますよね?

この辺を調べてみると、五嶋龍さんは、お母様の五嶋節さんがまだ金城摩承さんとご結婚する前に誕生したという事で、“姓”が“五嶋”となったとしています。

また、プロのバイオリニストとして活躍するのなら、既に世界的に有名になっていたお姉様の五嶋みどりさんの弟としてデビューし方が良いだろうという理由もあるそうです。

※現在は金城摩承さんも姓は“五嶋”になっておられます。

スポンサードリンク

五嶋龍さんの彼女や結婚について

五嶋龍さんももう29歳です。

彼女はもちろん、ご結婚なさっているのではと思い、調べてみました。

すると、まだ独身のようですね。

五嶋龍さんは結婚願望もあって、お子様も欲しいそうなので、ご結婚はそう遠くないように思いますよね。

もしかすると、ご結婚前提でお付き合いされている女性が居られるかも知れませんね。

“題名のない音楽会”MC降板の理由は?

今回2015年の10月からMCをなさっていた“題名のない音楽会”を降板されるのですが、どういう理由なのでしょうか?

その事について五嶋龍さんは

『この番組で出会えた素晴らしい演奏家の皆さんに感銘を受け、

音楽活動を発展していくうえで、現在拠点とする

ニューヨークと日本を行き来しながら司会を全うすることが

難しくなりました』

と、お答えになられています。

今回最後の出演の3月26日放送分は既に2月9日に収録を終えていたようです。

何だか2月の初めにはもうMCをお辞めになっていたんだと思うと寂しいですね。

でもこれからは、バイオリニストのお仕事に専念して頂きたいですね。

今までMCお疲れさまでした。

スポンサードリンク

五嶋龍さんのまとめ

今回、五嶋龍さんの演奏の動画をご紹介したかったのですが、著作権の絡みからか、ご紹介出来ず残念です。

五嶋龍さんの素晴らしい演奏は、YouTubeなどにも挙っていますので、ぜひご覧下さいね。

そして、五嶋龍さんですが、高校と大学が音楽の専門学校でなかった事には驚きでした。

お母様やお姉様が素晴らしいバイオリニストであった事もこれだけの才能のあるバイオリニストになった要因であるのでしょうけれど、やはり、五嶋龍さんの持って生まれた才能なのでしょうね。

魏島

出典:https://fumie.jp

五嶋龍さんは以前某インタビューで

「70歳を過ぎたら100歳までには冒険に出ていたい。

100歳から200歳くらいには自分の惑星を持つ計画を立てたい。

1000歳までには自分の王国じゃないでしけど・・・」

と、語っています。

何とも壮大な夢、計画ですね。

これからも日本はもちろん国内外での益々のご活躍に期待したいと思います。

では、今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

また次回お会い致しましょう。

kanade♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です