ザ・フィルハーモニクスのクリストフ・トラクスラー(ピアノ)wikiプロフィール(年齢)経歴をご紹介

みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

kanade♪です。

今回ご紹介するのは2017年2月12日放送の『題名のない音楽会』出演の

“ザ・フィルハーモニクス”のピアニスト、クリストフ・トラクスラーさん。

クリストフ・トラクスラーさんは単身で日本にコンサートで来日されたり

しているようですね。

情報が少ない方ですが、わかる範囲でご紹介したいと思います。

では早速クリストフ・トラクスラーさんをご紹介致します。

☆“ザ・フィルハーモニクス”やメンバーについては、記事の下記から

リンクできます。

クリストフ・トラクスラーさんのプロフィール

クリストフ・トラクスラー

クリストフ・トラクスラーさんは1983年生まれの34歳(2017年現在)。

オーストラリアのピアニストでいらっしゃいます。

クリストフ・トラクスラーさんのお写真ですが、結構以前のものなので現在の

クリストフ・トラクスラーさんのイメージとは違いますね。

現在はダンディーなイケメンになっておられます。

クリストフ・トラクスラーさんは1994年〜2002年まで“ブルックナー音楽院”

で学び、後に“ウィーン音楽大学”へ。

2007年に最高成績でディプロマを取得されます。

また“ベーゼンドルファー”、“ヘルベルト・フォン・カラヤン財団”各奨励金を

獲得されておられます。

この事からもクリストフ・トラクスラーさんがどれだけ優れた演奏家なのか

という事がわかりますね。

クリストフ・トラクスラーさんの経歴や受賞歴

クリストフ・トラクスラーさんは2000年にシューマンのコンツェルトで

ソリストデビューを果たします。

クリストフ・トラクスラーさんは主な受賞歴は下記の通りです。

“国際ヨハネス・ブラームス室内楽コンクール”(2002年)

●“グラドゥス・アド・パルナッスム”(2002年・2006年)

●“オーストラリア国際室内楽フェスティバル”(2001年・2003年)

●“Musica Juventutls”(2004年)

●“Brucknerbundピアノトリオコンクール”(2009年)

この他にも数々の国際コンクールで入賞や優勝されておられます。

クリストフ・トラクスラーさんの音楽活動について

クリストフ・トラクスラーさんは欧米各地やアジア、アフリカでソロ・ピアノリサイ

タルで活動をされています。

その他“ウィーンフィル”、“ベルリン・フィル”のメンバーとともに室内公演で

演奏されており、その他にもラジオやテレビ番組にも出演される等、活動は多岐に渡ります。

さてこのように素晴らしい演奏者としての経歴や演奏活動されているクリストフ・トラクスラーさんの演奏を聴いてみたいですよね?

という訳で、演奏動画をご紹介したかったのですが、演奏動画が見つかりません

でした。

今回、演奏動画ご紹介する事が出来なくて残念です。

クリストフ・トラクスラーさんのまとめ

クリストフ・トラクスラーさん、数々の輝かしい受賞歴をお持ちの方ですので、

ソロのピアノ演奏を聴いてみたかったですね。

日本には、来日して演奏活動もされているようですので、もしかしたら

ソロのピアノ演奏を聴くチャンスがあるかも知れませんね。

クリストフ・トラクスラーさんのソロのピアノ演奏ではありませんが、この記事の

下記に“ザ・フィルハーモニクス”についての紹介記事に演奏動画をご紹介しており

ますので、そちらで演奏をお楽しみ下さいませ。

では、今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

また次回お会い致しましょう。

kanade♪

☆“ザ・フィルハーモニクス”の記事はコチラ♪

☆“ザ・フィルハーモニクス”のメンバーについては下記からどうぞ☆

●ヴァイオリン奏者/ティボール・コヴァーチさん、コントラバス奏者/エーデン・ラーツさんの記事はコチラ♪

●チェロ奏者/シュテファン・コンツさんの記事はコチラ♪

●ヴィオラ奏者/ティロ・フェヒナーさんの記事はコチラ♪

☆『題名のない音楽会』の記事はコチラ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です