アンディ・ウルフ(サックス)wikiプロフィール(年齢/身長/大学)経歴や結婚は?演奏料(ギャラ)や動画もご紹介

みなさん今日は。

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

kanade♪です。

今回ご紹介するのはイケメンサックス奏者のアンディ・ウルフさん。

2017年1月8日放送の『題名のない音楽会』に出演されます。

サックス奏者と言われて思い出すのは渡辺貞夫さんやケニー・Gさんといった

王道の方しか思い浮かばない私。

そして、サックス奏者の方のイメージはカッコイイ♡というイメージです。

特に、JAZZを演奏されているサックス奏者の方が好きですね。

それもアルトサックスでしたら、尚更、大好きな私です。

今回ご紹介のアンディ・ウルフさんはどんな素晴らしい演奏をされるので

しょうか。

プロフィールを中心にご紹介致します。

アンディ・ウルフさんのプロフィール

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%ef%bc%92

出典:http://www.f-w.co.jp

アンディ・ウルフさんは1967年7月24日、カナダのアルバータ州

エドモントン生まれの49歳。(2016年現在)

また身長が192cmもあるそうです。とても大きいですね💦

17歳の頃には既にプロのサックス奏者として活躍されていたそうです。

大学はモントリオールの『マクギル大学』にすすみます。

そこでクラシック作曲とJAZZ演奏の学士号を取得。

演奏者やアレンジャーとして活躍されています。

アンディ・ウルフさんの事を調べていると“テナーサックス奏者”としての紹介が

目立ちましたので、てっきりテナーサックス奏者なのかと思っていましたが、

サックス奏者の方は、アルトでもソプラノでも演奏されるのですね。

今更ですが、そう言えばサックス奏者の方は、アルトでもソプラノでも演奏

していたなぁ、と思い出しました。

アンディ・ウルフさんの経歴

アンディ・ウルフさんはJAZZ界で様々な著名な人物と共演されています。

JAZZに詳しい方ならよくご存知だと思うのですが、レジー・ウォークマン、

ケニー・ウィラー、ロビン・ユーバンクス、アンソニー・ブラクストンと

いった大御所と共演を果たしています。

また、あのマイルス・デイビスのバンドメンバーであったデイビット・リーブマン

と共演。

モントリオールのラテンバンドで有名な“LA MODA”のアレンジャーなどで携わって

いたマーサ・リーブス、カナダの有名なシンガー、アン・マーレイなどのバックメン

バーとして活躍。

その他、数々の有名なアーティストのアレンジャー、バックメンバーとしても

活躍だけでなく、CMでもパフォーマンスを披露されています。

アンディ・ウルフさんの現在の活動は?ギャラはいくら?

アンディ・ウルフさんは現在、日本にお住まいのようですね。

1992年の秋に日本に移住されます。

それまでの過去5年間はモントリオールが活動拠点であったそうです。

日本では、サックスの演奏はもちろん、スタジオ収録や作曲、有名アーティスト

との共演をされています。

また、JAZZバンド『アンディ・ウルフJAZZバンド』としても活躍中です。

もし、このアンディ・ウルフさんに演奏を依頼するならいくらぐらい

演奏料が掛かるのでしょうか?

あるサイトに“アンディ・ウルフ トリオ”としての紹介があったのですが、

それによると予算は365,000円〜(税抜)となっていましたね。

“トリオ”としての予算ですので、単純に3人で割ると125,000円ですが

いろいろと差し引かれたりしてから、ギャラとして支払われるでしょうから

1ステージ100,000円あるか無いかでしょうか?

アンディ・ウルフさんに彼女は?結婚してる?

アンディ・ウルフさんの情報はほとんど無く、そんな状態ですので、彼女やご結婚

について、どこにも情報はありませんでした。

でも、私の勝手な創造ですが、アンディ・ウルフさんは彼女がいるというよりも、

日本に移住ウされてかなり経たれているので、既に日本人の女性とご結婚され

ているのではないでしょうか?

やはり異国の地で一人というのは、寂しいと思いますしね。

真相はどうなのでしょう。

アンディ・ウルフさんの演奏動画をご紹介

アンディ・ウルフさんの演奏はどのようなものなのか聞いてみたいですよね。

ただ、アンディ・ウルフさんは、ソロで演奏というよりも、バンドの中で演奏

という事が多いようで、アンディ・ウルフさんだけが演奏されているソロの動画で

コレというものがありませんでした。(音源が悪過ぎだったので、ご紹介は断念しま

した)

アンディ・ウルフさんのソロではありませんが、動画を1本ご紹介致します。

メインは日野JINO賢二さんのギターがメインの動画です。

アンディ・ウルフさんのソロは動画の2分30秒辺りから入ります。

やはりサックスの音色って良いですよね。

早速ご覧下さい。

●Still Here by Jino Jam

いかがでしたか?

アンディ・ウルフさんのソロ演奏だけではないのが残念ですが、

ギターとの掛け合い等、とてもカッコイイ演奏でしたね。

アンディ・ウルフさんがメインで演奏されている動画もネット上で

観る事が出来ますので、そちらもご覧になってみて下さいね。

アンディ・ウルフさんのまとめ

今回のご紹介のアンディ・ウルフさんですが、あまり情報がなくて

残念でした。

もう少し色々みなさんにご紹介出来れば良かったのですが・・・。

また、アンディ・ウルフさんが出演される2017年1月8日放送の

『題名のない音楽会』でソロの演奏を聴く事が出来るのでしょうか?

ぜひともソロの演奏を聴きたいですね。

オンエアを楽しみにしたいと思います。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%ef%bc%94

出典:http://mandacarinho.com

では今回はこの辺で。

みなさん本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

また次回お会い致しましょう。

kanade♪

※『題名のない音楽会』の記事はコチラ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です