安達朋博(ピアニスト)プロフィール(年齢/大学)や演奏動画をご紹介、気になる彼女や結婚についても調査

みなさんこんにちは☆

kanadeです♪

本日もご訪問頂きましてありがとうございます。

今回ご紹介するのはイケメン日本人男性若手ピアニストの

安達朋博さん。

 

数年前に某バラエティー番組に出演された事があるそうです。

高校生の頃に単身でクロアチアに音楽留学されています。

 

音楽留学をする国とい事ではあまり耳にしませんが、

安達朋博さんは、どうしてクロアチアに留学されたのでしょうか?

とても興味がありますよね?

 

では早速、安達朋博さんをご紹介致しましょう。

安達朋博さんのプロフィール(経歴/賞歴)

%e5%ae%89%e9%81%94%ef%bc%91

出典:http://ebravo.jp

安達朋博さんは1983年生まれでいらっしゃいますので、

33歳(2016年現在)のようですね。

京都府出身ですが生まれは大阪でいらっしゃいます。

 

ピアノは8歳から始め、高校は京都府立網野高校を卒業。

高校を卒業し、2002年5月、クロアチアへ。

 

2003年10月、『イーノ・ミルコヴィッチ音楽院』(モスクワ音楽院提携)に。

2005年1月、『クロアチア国立ザグレブ大学』音楽部ピアノ科へ編入。

2007年に最優秀の成績で卒業されます。

現在は『日本クロアチア音楽協会』の代表を務められているそうです。

 

●安達朋博さんの経歴や賞歴

安達朋博さんも他の著名なピアニスト同様にコンクールで素晴らしい

成績をおさめておられます。

 

『クロアチア国立ザグレブ大学』音楽部ピアノ科に在学中から

『ザイラー国際音楽コンクール』優勝、『ブラームス国際音楽コンクール』

2位など、ヨーロッパに国際コンクールに出場されています。

安達朋博さんの家族は音楽家?

毎回の事ですが、素晴らしいピアニストのご家族について、やはり

音楽に精通している方がおられるのか興味のある部分ですよね。

今回の安達朋博さんについても調べてみましたが、

家族の中に音楽家の方はいらっいませんでした。

音楽に関係があると言うと唯一、お母様がJAZZやクラシックがお好きで、 一緒に

聴いていたという事くらいのようです。

安達朋博さんがピアノを始めたきっかけは?

安達朋博さんが幼い頃から少なからず、音楽に触れていた事はわかりましたが、

ピアノを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

 

そのきっかけは小学1年生のクリスマスプレゼントにあるようです。

その時のプレゼントがキーボード。

 

クリスマスプレゼントにキーボードを買ってもらう位ですから、幼い頃から音楽に

興味があった事には間違いないでしょう。

 

そんな安達朋博さんの為にお母様は『ヤマハ音楽教室』に申し込んでくれた

そうです。

ピアノを専門に習い始めたのは小学2年生の頃。

個人レッスンでピアノを習い始めたそうです。

そして習い始めた1ヶ月後に祖母がアップライトピアノを買ってくれた

そうです。

 

高校生の頃にはグランドピアノを買って下さったとか。

安達朋博さんの祖母は本当に安達朋博さんの事を応援していたのでしょうね。

安達朋博さんはピアノのレッスンが楽しくて仕方なかったそうです。

 

普通、練習は辛くて嫌な物なのに、練習が好きだったというのですから、

本当にピアノが好きだったんですね。

安達朋博さん、職業は普通の音楽の先生が希望だった?

安達朋博さんは将来ピアニストになるというよりは、ごく普通に音楽大学へすすみ、

音楽の先生になれれば、と思っていたのだそう。

そんな事もあり、指導力のある先生に師事。

 

その先生から、腕試しにと『堺国際コンクール』を勧められ、出場。

安達朋博さんは参加者の演奏に圧倒され、落ち込み、結果発表も確認せずに帰宅。

すると、3位に入賞という知らせをうけます。

 

入賞など到底するハズはないと思っていたそうなので、驚いた事でしょうね。

入賞の理由は

“テクニックは未熟だが、音楽センスが光っている”

という評価だったそう。

 

この結果から安達朋博さんはもっと本格的にピアノを学んで行く事を

強く思うようになったそうです。

安達朋浩さんがクロアチアに留学した理由とは?

音楽留学する国をクロアチアへという話しはあまり耳にしませんよね。

では安達朋博さんはクロアチアへ単身されてのでしょうか?

 

それは安達朋博さんが『堺国際コンクール』に出場する前の事。

当時習っていた先生から、ある一人のピアニストの公開レッスンを

受けるようすすめられます。

 

その方こそ安達朋博さんが単身でクロアチアへ行くきっかけとなる

ロシア出身でクロアチア在住のエフゲニー・ザラフィアンツさんでした。

エフゲニー・ザラフィアンツさんは“超絶技巧”と“すばらしい音楽性”を持たれた方

でしたが、安達朋博さんはエフゲニー・ザラフィアンツさんの事をあまり

知らないまま公開レッスンを受ける事に。

 

その時のエフゲニー・ザラフィアンツさんからの評価は“テクニック不足だが

タレント(才能)はある”と、おっしゃって頂いたそう。

 

正しくその言葉は後に参加する事となった『堺国際コンクール』での

評価と同じものだったのです。

 

周囲からも師事するならエフゲニー・ザラフィアンツさんがいいと勧められ、

クロアチアへ留学する事となったそうです。

安達朋博さんの彼女や結婚は?

安達朋博さんは、2016年時点で33歳でいらっしゃいます。

という事は、彼女はもちろん、結婚されていても不思議ではないですよね。

それにイケメンですから、結婚していないとしても、彼女はいらっしゃる

ような気がするのですが・・・

 

これらについて、何も情報がありませんでした💦

毎回この内容に関しては情報がありませんよね。

 

安達朋博さんは海外でのリサイタルもされているようですので、お忙しくて、

交際や結婚をするという事を考える余地がないのかも知れませんね。

安達朋博さんのまとめと演奏動画をご紹介

みなさん、今回ご紹介の安達朋博さん、いかがでしたか?

今回の安達朋博さんもご家族に音楽家のいらっしゃらない方 でしたね。  

ピアノの才能に限らず、いろんな分野の才能は、必ずしも幼い頃から その筋の

専門家から学ばなければ優秀な人材になれないという事ではない、という事なの

でようか?

才能のある人は、その才能が開花すべき時に開花するのでしょうね。

現在は奏者としての活躍が中心の安達朋博さん。

数年前の某インタビューで、将来について語られていました。

それは %e5%ae%89%e9%81%94%ef%bc%93

出典:http://kokucheese.com

“機会があればピアノを教えたい。特に“弾けない人”を教えたい”のだそう。

 

ごく少人数制にして、なぜ弾けないのか一緒に考えて、一人一人の面倒を

とことん見てあげてプロのピアニストを育ててみたいそうです。

 

安達朋博さんのような考えの先生が増えるとピアノの才能がぐんぐん伸びそう

ですね!!

 

ぜひとも実現させてほしいものです☆

最後に安達朋博さんの演奏動画をご紹介致します。

 

では本日もご訪問頂きまして

ありがとうございました。

また次回お会い致しましょう。

kanade♪

●ベーゼンドルファー『ウィーンの至宝』

●ショパン『ノクターンOp-9-2』

※『日本人人気男性ピアニスト』の記事はコチラ♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です